« 「らき☆すた」 | トップページ | 「ハヤテのごとく!」 »

2007年4月14日 (土)

「ゼノグラシア」

「らき☆すた」の電波ソング「もってけ!セーラーふく」に続いては、「アイドルマスター XENOGLOSSIA」です。

もともとゲームセンターの「アイドルマスター」からやっていた者にとっては鬼門中の鬼門。・・・と思っていたんですけれど、見たら普通に面白かったです。なによりもやよい、千早、あずささんあたりが完全に別キャラだったのがよかった。(やよいに至ってはずっとペンギンの格好しているし) 名前は知っているけど別人だと脳が判断してくれてるようで、腹も立ちません。アイドルマスターの新しい展開のつなぎと思えば、有名所の声優を使っているのも「豪華だね」という一言で片付けられる^^

OPは「微熱S.O.S.!!」 80年代のような曲がツボをついてくれます。半端な曲ならバッシングをと思っていたんだけどな。いいね、気に入っちゃったよ、オレ。「ロ・ロ・ロ・ロシアンルーレット」聞きたくなった。

それよか制作スタッフの方が問題じゃないか?このまま行けば、また量産型ストーリー「舞-HiME」では? いいタイミングだし、王道のロボットストーリーにしてみた方がいいんじゃないかと思っています。どっちに転ぶかは・・・ま、どっちでもいいけど。「舞-HiME」シリーズちょっと苦手だったし。SEEDいい加減にしろと思ってたし。でもクオリティが高いのなら、声優も豪華だし、つなぎの商品という意味では十分です。

|

« 「らき☆すた」 | トップページ | 「ハヤテのごとく!」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39583/6095442

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゼノグラシア」:

« 「らき☆すた」 | トップページ | 「ハヤテのごとく!」 »