« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月30日 (金)

CLANNAD 第9話

「CLANNAD 第9話」を見ました。

たくさんの願いで作られたこの世界が、
もし、ほんの一瞬だけ、たった一つの願いで埋めつくされたら。

-------------------------------

20071130044000

.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
20071130044001 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
それはきっと幸せの欠片。

-------------------------------

次週からはひらがな3つでことみちゃん。
ことみ「渚ちゃん、いじめっ子?」 (背景:教室)
渚  「はいっ!」 (背景:中庭)
って、変なところ繋げて次回予告作るなw

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月26日 (月)

アイドルマスター Radio For You!

アイドルマスター Radio For You!
毎週水曜日更新(予定)
出演:中村繪里子さん、今井麻美さん、仁後真耶子さん

第1回は11月28日(水)更新予定とのこと。
以前、ラジオdeアイマSHOW!!の最終回の感想で、新しいステップのため?というような話しをしましたが、これのことだったようですね。
11月15日時点で予告編が、11月22日時点で「第0回:プロローグ~Prologue For You!~」が出てたようでした。俺としたことが、完全に見逃してた>< 次回も楽しみです!

■その他・・・
ラジオdeアイマSHOW!!の最終回が打ち切り感満載だったのも、新規ラジオの放送が決まったせいか。見直しが行われたのかな?ぶっちゃけ、後半ぐだぐだだったしねー・・・第0回聞いてみたけど、変わってねー・・・出演者一緒だしこんなもんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラックバックに失敗・・・

なぜだかたまにトラックバックの送信に失敗してしまいますorz
相性とかあるのかなぁ・・・ココログのフリーでやってるせいかも?

今日もShirubania's Blogさんにトラックバックお返ししようと思ったんですが、上手くいきませんでした(;-;)
たびたびトラックバックお返しできないことがありますが、これからもよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

「ハヤテのごとく」 第35話?

「ハヤテのごとく」 を久しぶりに見ました。

もう何話なのかよく分かりませんが。
なにか書かないと収まりがつかん!

20071125120200_2 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
か、かわいすぎる!!
ハヤテ、俺と代われ!
ゆきじは帰れwwwwww

内容は
1.くぎが漫画描くのに困っている。
2.漫画の題材集めにハヤテとマリアがデート。

2行で終った。ギャグアニメだからしょうがないかな?^^;
内容も具体的には何一つ覚えてない。
ただマリアさんが可愛かった。
柏木千鶴、琥珀、水瀬秋子、間桐桜、ミント、如月千早、長瀬湊と来て、くぎなわけがない!
もちろん俺はマリアさん派に決まってんだろがあ17亜q23swぇcr7fvtgby8いmjk(崩
ツンデレとか正直うぜぇか思って見てなかった、そこのキミも!
銀様が出ねぇアニメなんぞアニメじゃねぇとか逝く所まで逝っちゃった、そこのキミも!
この回だけは見なきゃ損だぞ!

20071125120201

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ツンデレカルタ」 が出るそうです。

「ツンデレカルタ」有限会社DEARS から発売されるそうです。

個人的にはこういう企画は好きなので、支援⇒ DEARS速報

内容は・・・
1.釘宮理恵がカルタを読み上げる。
2.カルタの内容がツンデレ
3.サイトで視聴もできますよ
4.そろそろ正月です(1年がはえぇぇ ;-;)

しかし、売り方が好かん。

-#-【サイトから抜粋】-#-#-#-#-#-#-#-#-#-
企画 : ゆめみP
表紙 : まっつ(まじ☆ぐら)
進行管理 : 大薮 昇
進行管理補佐 : しょうじ
読み札協力 : ニセP ZOZP kakaoP 加倫P 豊本・葉咲P 京都P 江頭P ぴぴるP 井川KP
ブックレット : ADWINS
販売元 : DEARS
-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-

・・・P名?
○○Pっていうのは、ニコニコ動画でアイドルマスターのMAD作ってる人たちが使ってる名前です。
なんつうかアイマスMADの派閥が分かるよねw
論点はそこじゃなくて・・・
私はアケからやってる人間ですが、最近のアイマスの売り方はうざい。L4Uも新作とかほざいてるけど、完全にMAD仕様だし。まぁ、アケは赤字だったし、文句を言うのはおかしいと思うが。というグチを言った上で本題。

この会社の商品はずっと企画が社長だったのに、初めて違う人が企画やってます。
MADっつうのはグレーの部分が多いから、そういうのを作っている人が・・・ではなく、そういうものを作ったときに使っている名前を商用に使っていいのかって問題で。
話題を作るという意味では、多少の効果もあるかもね。釘宮理恵の読み上げてる声をニコニコに上げて、宣伝効果もあるかも。アイマスMADに組み込むこともあるかも。
つってもそもそもがそんなに売れる商品でもないので、些細なもんだと思います。会社もなんかサイト見る限り同人サークルと言ってもいいような・・・。バンナムがなんか文句言ってくるってこともまずないでしょう。カルタ関係ないし。

■結論
アイマス好きだったので、なんか悲しい。
最近はまったくアイマスMAD見てないんですが、どんな状況なんでしょうか?2ch見てこようかな・・・。
カルタ?くぎ?
あー、どうでもいいっす。

■追記
なんか眠くて文章破綻してました^^;
あー、まー、いつも大体破綻してるんですが・・・
何が言いたかったかというとですね。
ニコマスのPたち、KYってことを思いました。
でも、こういったカルタが出ること自体は大歓迎。ただねー。昔、ミンゴスのブログのコメントで仕事依頼した人がいましたが、そんなのと同じように見えてしまいます。
ノリっていうのは制作活動で必要な要素だけどもさ。ノリもあんまりひどいとちょっと・・・と、ただムカムカしてしまうのです。

■さらに追記
今回の件ですが、アイマス好きな友人数名に聞いてみました。
全員からこんな回答をいただきました。
「ニセP?ありすえP?誰それ?」
( ゜Д゜)<・・・。
ニコニコ動画を見ると、アイマス動画は結構な数が上がってますし、知名度もそれなりのはず。何よりアイマス好きに聞いてるんだから、知ってるだろうという予想の遥か上を行く回答でした。
見る専門の人っつうか寧ろ、サイレントマジョリティにとって「P名ってなに?」レベルなのではと思ってしまいます。もちろん統計的にはぜんっぜん足りませんが、そんな印象でした。ブログでもそんな方もいらっしゃいますね・・・ブログって媒体自体、物言う少数派なんですが。
帝国のニコマスPたちって何がしたかったんだろうとちょっと考えてしまいます。
ネームバリューがあるわけでもなく、アイマスに直接関係しているわけでもないのに、なんでP付けたんだろうかと。しょうじさんという方がいらっしゃいますが、この方ニコニコではしょうじPと名乗ってるんですよね。
仕事終わりで掲示板やネット回りせずに勝手にしゃべります。(たぶん平行線になってるだろうと思うし。)あと、なんかもう別にP名出したのが、いいとか悪いとかじゃなくて、自分がくっだらないことでイライラしてるのが嫌なので、プラス思考でいろいろ考えました。どれが信憑性高いとか低いとかじゃないけど、昔はアイマスMAD楽しませてもらった者として、今回の件がなかったとしても、ニコマスの展開をちょっとだけ考えさせてもらいました。
寝ぼけたマイナス思考だけじゃなく、プラス思考で。
仮説1:

今後ニコニコ動画および同人即売会とは違う場所で、アイマス関連で何らかの展開を起す予定。今回はその布石。アイマスは今やゲームとはすっかり別の展開を見せています。ただ提供されるだけの作品ではなく、ユーザも一体となって盛り上げ、進めて行く作品だったということを考えれば十分ありえるのではないかと思います。新しいゲーム・商品のあり方、新しいマーケティングとしては今後の展開は見逃せません。
仮説2:
アイマスMAD作成のための布石。新しい展開のためではなく、ニコニコ動画への逆アプローチ。
仮説3:
いい大人が学生のノリだった。私がムカムカしていた原因だったわけですが。よくよく考えれば若造の私でもムカつくんだから、ちゃんとした社会人が何の考えもなしに動くもんかね、と。
仮説4:
先週末に掲示板見ていて面白いなと思ったのが、引退説。引退するのにはそこそこ面白いタイミングですからね。騒動で引退を決めたというよりも、引退することにしていた人がとりあえず名前乗っけてみたっていうのも、あるんじゃないかと。

■さらにさらに追加
ネットをコロコロ転がってきました。
ありすえP、引退されるんですね。ありすえPさんのMADには楽しませてもらった記憶が多いです。もうキングゲイナーとほんわかイラストしか覚えてないけど。けどタイミング悪すぎじゃないです? ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月23日 (金)

【考察】ひぐらしのなく頃に解

「ひぐらしのなく頃に 解」の考察です。

アニメ・・・ではなく、今更に原作のお話し。
ネタバレは極力避ける形で書きますが、絶対にネタバレ嫌という方はスルーでお願いします。そんな方が来ていただけるほどこのブログは大きくはない・・・はずなのできっと大丈夫?!

考察は私の考えとなっています。
「ひぐらしのなく頃に」の考察サイトや掲示板を見たことがないので、かなり変なことを言ってる可能性もあります。(ひぐらしデイブレイクの情報は必死で漁ってたくせに)

「ひぐらしのなく頃に 解」に収録されているシナリオは以下の4つです。
-#-#-#-#-#-#-#-
1. 目明し編
2. 罪滅し編
3. 皆殺し編
4. 祭囃し編

-#-#-#-#-#-#-#-

このうち、1.目明し編 および 2.罪滅し編 は「ひぐらしのなく頃に」の解説編。
3. 皆殺し編 は解答を提示する物語。
4. 祭囃し編 は解答に対する実践編です。

「ひぐらしのなく頃に 解」で一番重要なことはなんだったのか?
私見では、3. 皆殺し編 で提示された解答です。
その解答とは、
「仲間を信頼し、仲間に相談すること」
ではなかったでしょうか。

確かに「黒幕は誰か」ということは昭和58年の夏を乗り切る上で知らなければならないことだったでしょう。また「本当のオヤシロ様の祟りの解決」も必要不可欠であったと考えます。しかしこの作品で伝えたかったことはそんなことだったのだろうかと考えたとき、それはNOと言わざるを得ないでしょう。
そのように私が考える客観的な要因を一つだけ挙げるとするなら、原作者である竜騎士07さんの雑誌インタビューです。雑誌を捨ててしまったため詳細は書けませんが、砕いて言うと「黒幕は誰でもよかった」ということです。
サスペンスもの、例えばコナン、金田一、火曜サスペンス劇場のような作品においては、黒幕こそ最も重要な要素です。そもそもああいった作品において、読者の求めるものは「自分以外の悪者の存在」であり、読者を諭したりする要素は必要ありません。
これを踏まえれば、原作者さんの発言はサスペンスものではなく、別のメッセージを作品に込めているということになります。

「ひぐらしのなく頃に 解」の最後の物語として提供された 4. 祭囃し編 で語られる「奇跡の起し方」とは、まさに信頼し、相談することでした。4. 祭囃し編 では、主人公たちに都合がいいようにストーリーが展開していきます。ストーリーが進むごとに起こる奇跡は、しかし努力なしで起こったことではありませんでした。4. 祭囃し編 の古手梨花は本当に難しいことを実践しています。「奇跡の起し方」を忘れ、羽入に背中を何度も押されながら、それでも古手梨花は実践し続けます。だから手に入れることの出来た奇跡でした。

物語の中で、古手梨花は圭一、レナ、詩音が繰り返される雛見沢の中で少しずつ経験が継承され成長していく様を嬉しく感じています。
古手梨花や羽入は「彼らの成長が繰り返す昭和58年夏を打ち破る鍵となる。後は黒幕さえ見つければ・・・」と考えています。それは物語を繰り返し読んでいる私を含めたゲームユーザーと同じ考えだったでしょう。
けれどそうではなかったことが4. 祭囃し編 の48時間作戦立案あたりまでの話しを総合すれば分かります。
本当に成長しなければいけなかったのは、古手梨花や羽入の方であるということです。
そして同様の考えを持っていた物語を読んでいる私たちも同じく成長しなければならないということです。

この物語で提供される黒幕の正体は、はっきり言えばムチャクチャです。
この物語で提供された昭和58年夏の突破内容はデタラメです。
でもこの物語を読んだ人は、ただその内容を受動的に読んで終わりではいけない。
この物語で提示された解答を能動的に受け止めることができますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CLANNAD 第8話

CLANNAD 第8話 見ました。

今更ですが、ブログに感想を書こうと思います。

20071123070900.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
「あの・・・・おかえりなさい、渚、岡崎さん、風子ちゃん」

このシーンだけ何度も見直しました。
演出もそうだけど、声優さんの演技もすごいわ(T-T)

風子ルートは9話までのようです。
アニメ版CLANNADは「風子→ことみ→渚→アフター」って噂を耳にしましたが、それだとこのくらいになるのかなと思います。風子のお話しは渚が絡む部分も多いので、渚ルートの1エピソードといった感じにも受け取れますね。
藤林姉妹ルートと智代ルートは、主人公の岡崎くんと恋人になるお話しなので、やらないのは間違いないです。けど、ゆきねぇのお話しは見たかったかも。CLANNADの中で一番好きなキャラって言われたらゆきねぇなので・・・1話だけでもいいので見せてくれー!もしくはDVDの特典とか!
そうそう。どうでもいいことなんだけど、春原かっこよかった。

今回、作画が多少崩れてました。リビングに置いてあるテレビだとちょっと気になる、パソコンの画面だと言われなきゃ気にならない、って程度でしたが。それでも要所要所は高レベルです。まぁ、話数とか他のアニメと比べたりとか考えると、これで作画がどうの言ってるとアニメーターに失礼ですね^^;

私は、PS2版CLANNADダメでした・・・声が・・・特に能登が・・・。
でもアニメ見たら「声あってんじゃん」とか思うようになりました。
第9話に期待、第10話からの能登さんの演技にも期待っつうことでー。

| | コメント (0) | トラックバック (30)

2007年11月20日 (火)

ひぐらしのなく頃に解 第20話

ひぐらしのなく頃に解 第20話 を見ました。

葉鍵型月ときた原作厨から言わせると、
やっぱりイマイチでした。

でも良かった点も言うのが「大人の対応」らしいですよ。
『沙都子の出番多め&かわいい』

あー、うん、これでもう十分でしょう!このブログのカテゴリーで「ひぐらしデイブレイク」でも見ていただければいいかと思いますw

ストーリーねー。まぁ、きっと面白いんだろうなとか思った。掲示板とかの反応見てると・・・たぶん。けどBGMがPS2版よりひどいとか、もう笑うしかない。

-----------------------------------------
1.梨花が古手神社で時報に相談。
2.そこへ大石登場。
3.さらに赤坂登場。
4.梨花が仲間に女王感染者がどうのという話しが本当でしたと話す。
5.梨花が48時間前に死んでればいいんだっつうことで。
6.大石がなぜか園崎家に登場。
7.仲間たちは大石に「梨花が48時間前に既に死んでました作戦」を説明。
8.赤坂は梨花の家にお泊り。
9.大石の墓参り。
-----------------------------------------

と、だいたいこんな流れでした。

1.の場面でなぜか断定で物をしゃべる梨花。

3.の場面で感動とか言われても・・・。

って、3.と4.の場面の間ですっげー重要なシーンがバシバシ飛ばされてますよ?
一つ目は大石の葛藤。PS2版では羽入のセリフをなぜか梨花がしゃべっていた。でもそのせいで全然心に響かないシーンだった。ではアニメではどうだったか?なんと飛ばされてました。おいおい☆
二つ目は羽入から梨花への喝。実は原作ではこの辺まで梨花はどうせ失敗すると思ってます。半信半疑ながら「どうせ上手くいかないだろうけど、最後の世界だ し羽入の言うこと聞いていろいろ動いてみようかな。ま、死ぬけど。」くらい。で、赤坂の登場でようやく奇跡は起せるんじゃないかと思うようになる。羽入の 言う「奇跡の起し方」に乗ってもいいかしらくらい。
で、いったん赤坂たちと別れた後、羽入と梨花の会話。
梨花は仲間に女王感染者がどうのという話しが本当でしたと話しても信じてもらえないと言っている場面。
羽入は笑顔のまま言い放つ。
「なんだ。沙都子は友達じゃなかったのですね。」
まさかこのシーンを飛ばすとは思ってなかった。さすがスタジオディーンだね。おいおい☆

それで5.の場面なんだけどさ、なんか魅音がK1に「さすが圭ちゃんだね。場の雰囲気が(ry」みたいなセリフを言うんですが・・・場の雰囲気がいつ暗く なったよ!?そんでいつ明るくなったよ!?ワケワカンネ。ついでに羽入と魅音が空気杉。羽入のセリフも沙都子がかっさらっていきました。

祭囃し編があまり面白くないという話しを聞いたことがあります。またFate/stay nightでは、桜ルートはない方がいいという意見を聞くことがあります。
私にはまったく理解できなかったのですが、スタジオディーンのアニメを見て理解できるようになりました。上記のような意見の方には、ひぐらしやFateが こういう物語に見えてるんだなーってこと。確かにアニメの内容そのまま見せられたら面白くない。アニメの祭囃し編ってそんなに面白くないもん。妙にご都合 的だし。

物語を読んで、自分なりの解釈で映像化・エンターテイメント化する。それがアニメにするってことでしょう。例えば、京アニ版AIRなんかを見ると、物語を 十分に咀嚼した上で、監督なりの解釈でエンターテイメントにしている。それに比べて、ひぐらしやFateのアニメは酷いもんだという論調になるわけです が・・・比べる相手も悪いし割愛。

よろしければこちらもどうぞ→【考察】ひぐらしのなく頃に解

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2007年11月18日 (日)

アイマス L4U

アイドルマスター ライブフォーユー! の情報がファミ痛に載っていました。

1.音無小鳥がゲームに登場します。
2.楽曲&バージョン選択を出来ます。
3.ステージを自由に選択できます。
4.リズムゲームっぽい。
5.ボタンを押すと、声援や拍手が遅れるようです。
6.アニメ設定画が少しだけ出ています。

はい、アニメ設定画はこちらです。
ゼノグラシアのようにはならないといいなー。
20071118150447_2 .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
ところで、記事を一部抜粋。

「今回は、ゲームの基礎を中心に、アイドルたちの所属する765プロダクションをサポートしている音無小鳥ちゃんを紹介だ!」

三十路前のキャラ相手にちゃん付けはないだろう・・・。

あと、たぶんで話すけど。
楽曲配信ってのがあるけれど、次のような感じだと思う。
(1) 既存曲のアレンジバージョンはお金を払ってダウンロード
(2) 新曲はROM内には存在するが、お金を払って使用フラグ(ロック解除)

つうのは、ダンスはダウンロードするには重すぎると思うから。定期的に新曲を見れるようなゲームインタフェースではなく、オタクからお金を巻き上げるシステムの確立といった方になるだろう。ROMに入っていない新曲が定期的に配信されれば、かなり画期的な・・・まぁ、ないわな。(とか言いつつ期待してる)

ゲーム含めた作品っつうのは、どうも一定以上の進化をするとぴたっと止まるらしいね。どうも金の臭いに群がったアリによって身動きが取れなくなるようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

しゅごキャラ! 第7話

しゅごキャラ!第7話見ました。

なんと歌唄登場!
OPとEDで登場していた金髪ツインテールの子です。
とはいえ、一瞬でしたが・・・
声優は水樹奈々。声優オタ大熱狂!きもっ!いや、俺が。

ストーリーは主人公の妹としゅごキャラ達が校内を駆けずり回って、大冒険。作画がんばりすぎw
しゅごキャラの性格がいろいろ分かって楽しかったです。
服が汚れるのがイヤで基本見てるだけのてまり。ボンボン振って「頑張れー」と応援するだけのラン。相変わらず言ってることは強気だけどヘタレなキセキw

てまりかわいー!
ってちょと待て。
ややのしゅごキャラ(赤ちゃんみたいなやつ)の反応・・・
もしかしてしゅごキャラの性別って宿主(?)の性別と一緒ですか?そうですか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年11月13日 (火)

ひぐらしのなく頃に解 第19話

ひぐらしのなく頃に解 第19話
  祭囃し編 其の六 「幕開け」

を見ました。

いやー、なんつうか、いい加減にしろよ、スタジオディーン。

---内容---------------------
1.赤坂が雛見沢の資料を見て、梨花の話を思い出す。
2.赤坂が雛見沢へ行き、大石と会う。
3.羽入の転校。
4.羽入が転んで、鷹野三四と時報に会う。
5.羽入が3333を見て、黒幕が3333だということを思い出す。
6.羽入が黒幕と皆殺し編の内容を梨花に伝える。
7.梨花が入江に相談。
8.梨花が圭一らに相談。(漫画の展開に困っていると話す)
--------------------------------
以下、今後の展開についてのネタバレあり
--------------------------------

原作に忠実に作られています。
・・・が、重要なところが全部飛んでました。
良いシーンだけすっ飛ばしたダイジェスト版という感じ。
赤坂が雛見沢に来た理由が薄い。
羽入が3333と合ったときの、3333のバケモノ発言カット。
羽入が皆殺し編を梨花に語るあたりの内容が薄い。
同様にこの場面での梨花の心境の描写が一切ない。
梨花が圭一らに相談してみようと思った描写がない。
梨花が圭一らに相談するあたりの展開が妙に急。
梨花が圭一らに相談するあたりのBGMがもうアホですかと。
特にこのあたりの梨花の心境が重要のはずで、ここをきちっと描かないと祭囃し編じゃなくて、もう澪尽しでいいんじゃないかとか思うわけだ。(澪尽しだったらそもそも見ないけど)それをダイジェストにしたということは、赤坂が梨花を助けるシーンもイマイチ盛り上がらないだろうと思う。というのも、あの場面は梨花の決意があってこそ熱い場面で、梨花の決意が描かれていなければただのご都合主義でしかないからだ。

Fate/stay night ←すっかり黒歴史
びんちょうタン ← 2回くらい見た気がする。普通?
ひぐらしのなく頃に
simoun
プリンセス・プリンセス ← エンターテイメントって作りやすいよねその1
少年陰陽師 ← もうちょっと上手い作りようがあった。微妙
武装錬金 ← OPだけでした
天元突破グレンラガン ← エンターテイメントって作りやすいよねその2
桃華月憚 ←やっちゃった。。。
DARKER THAN BLACK -黒の契約者-
シャイニング・ティアーズ・クロス・ウィンド ←あー・・・
CODE-E
ぽてまよ ←面白かった
素敵探偵ラビリンス ← ・・・スタジオディーンガンバッテマス
バンブーブレード ← そもそも原作がアニメ向き。どこが作っても面白くなる漫画。
スケッチブック ~full color's~ ← いい感じに眠くなります。
しおんの王 ← あれ、これアニメ化してたっけ?
機動戦士ガンダム00 ← さよならガンダム(でも金もらってんだろうなぁ)

なんつうか、心理描写できないよね、スタジオディーンって。
面白いんだけど心に残らないのがスタジオディーンのクオリティ。
ま、どこぞの原作クラッシャーよかマシだけどもね。(つってもあそこはオリジナル面白いしなぁ)

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2007年11月11日 (日)

アイマス L4U

Xbox 360専用ソフト
「アイドルマスター ライブフォーユー!」
2008年2月28日(木)発売予定!

1.『数量限定オリジナルアニメDVD同梱版』
  「ライブフォーユー!ソフト」
    +「ピクチャーレーベルアニメDVD」
    +「84P豪華パンフレット」
    +「キラキラ豪華スリーブ」

2.『通常版(ソフトのみ)』

-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#

公式サイトからの抜粋ですが、なかなかよさそうですね!
早速、1.を予約してきました。

公式サイトの続きを読んでみると、えらいことが書いてありました。

新ダウンロードコンテンツ「L4U!新曲第1弾配信データ」を無料でゲットしよう!

いや、ちょっとまて。
つまり、新曲は金払ってダウンロードっすか。

・・・なんかだんだんムカついてきた。

そういえばブロッコリーの経営状況あんまりよくないらしいですね。
ブロッコリーの敗因はなんだったろうかねぇ。
オタクからお金を巻き上げるための会社、というのは昔っから言われていたことですし、そこは別に了承済み。となればやはりゲームとかアニメとかそういう商品そのものが見放されたとみるべきでしょうね。
ブロッコリーのキャラといえば、デ・ジ・キャラットとギャラクシーエンジェルですか。
デ・ジ・キャラットは視聴層を見誤って終了。
ギャラクシーエンジェルはファンをバカにした第4期、完全に方向性を見失ったエンジェる~ん及びGA2で終った。この前GA2のゲームがまた出ましたね。
Yahooのランキング
なんとも微妙すぎる評価。

さて、アイドルマスターはどうなるんでしょうか。L4Uはなんだかニコニコ動画を視野に入れたゲームになっていそうです。
商品としての価値がニコニコ動画で飛躍的に上がったアイドルマスターは、当然それに合わせる形で販売していくのが正しい戦略になってくるでしょう。

けど、本当にそれでよかったのか?

こういった商品の基本販売戦略ご存知ですか?
「ミクロを狙ってマスを制する」
この基本中の基本を考えれば、ニコニコ動画を軸にした販売戦略は間違っている気がしてなりません。ずっとアイマスをやり続けてきた、アイドルをプロデュースし続けてきた、ゲームを愛してきた層を狙ってこそ。そして、そこから副作用的にニコニコ動画へ広がっていき、最終的には多くの購買層を獲得できるんじゃないですか?

L4Uは必ず売れるでしょう。
ただ、私の感覚から言えば「この作品はただの商品に成り下がった。」

でも期待していないわけじゃないんです。
Xbox360版アイドルマスターの技術の凄さ、莫大な作業量、声優の頑張り、みんな知ってるつもりだから。客観的に見ればなんだかヤバイ感じがするけど、主観的な気持ちを言えば、きっと「新しい作品」としてゲームができあがることを信じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しゅごキャラ!第6話

しゅごキャラ!第6話見ました。

今回は原作ストーリーでした。
青い子(スペード)とキャラなりする回。

動きの少ないスポーツの練習風景というのを描くのは大変なはずですが、監督、脚本、作画、アニメーターみんながんばってた。

しかしまー、ややの可愛さは異常。

---------------------------------

今後の展開についてのネタバレあり。

---------------------------------

歌唄の登場はかなり後とだろうなと思いますね。
1クールより多いなら、「歌唄登場>後半ストーリー>空海となでしこ離脱>ダイヤとエル」という展開は間違いないはずなので、しばらくオリジナルを混ぜながら話しが進んでいくと思います。
来週もオリジナルストーリーとのことで、エンブリオ(なんでも願いが叶うたまご)が見つかるーとかどうとか。さすがに見つかることはないでしょうが、どたばたな感じは次回予告から感じられましたw
エンブリオについては・・・CLAMPなら「たまご=エンブリオ」でしょうが、さて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

久しぶりにROを。

カードとか増えたと噂のRO(ラグナロクオンライン)を久しぶりに課金してやってみました。

折角なので手持ちのカビが生えてた装備を売り払って、ベアドールC買ってみる。
あとなんか妙に女の子のMob増えたせいで、カードも可愛いのが増えたーって、1次職剣士Mobのカードびみょーorz

運営会社のことさえ気にしなければROはやっぱり面白いねぇ。
そういえば昔と比べて人減った?BOTが減ったせいかな?(湧く場所に狩りいってないので、BOTが減ったかよくわかりませんでしたが)

しかしまぁ、本格的に復帰は・・・ないよなーな感じ。町とかダンジョンとかたくさん増えてるみたいだったけど、低レベル者な私にはキツイ T-T

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

「Go to the NEXTSTAGE!!」1日たって

「Go to the NEXTSTAGE!! THE IDOLM@STER GREAT PARTY @TOKYO+(プラス)」

あのイベントは面白かった。でもアイマスのイベントじゃなかったな。声優のライブだったわ。

赤羽は感動した記憶がある。
でも今回は、別にそんなに・・・
ラジオdeアイマSHOW!!があんな感じだったのもなんか分かった気がする。

私はもうアイマスのライブに行かないと思うけれど、声優さんには今後も頑張っていただきたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 4日 (日)

「Go to the NEXTSTAGE!!」終り

「Go to the NEXTSTAGE!! THE IDOLM@STER GREAT PARTY @TOKYO+(プラス)」

■第一印象
ニコニコ動画と共に発展してしまったXbox360版アイドルマスターのライブ・イベントは、アイドルマスターというゲームが好きな人にとってはつまらないものになりつつあります。

■感想
ポジティブなことだけいいましょう。ネガティブなことはつまらないから。
中村檜里子、滝田樹里、今井麻美、仁後真耶子、下田麻美、若林直美、平田宏美、長谷川明子。
トークパートとライブパート、どちらも面白かったです。ぐだぐだだったと専らの噂の第1回公演と比べれば。
トークパートは、ネ申の誕生日やチアキングの乱入、滝田樹里さんが最後の挨拶で泣き出しちゃったり。
ライブパートは、歌のミスもほとんどありませんでした。(に、仁後さん・・・?w)
とはいえ、やっぱりアケ版からの方々からすると不満の方も多かったみたい。かく言う私も・・・っとと。

■今後のアイマス
「L4U」(Live For You)の内容にもちょっと触れてましたが、雑誌に載っている以上の内容は聞けませんでしたね。音無小鳥さんはサブキャラ的な感じでプロデューサーをアシストしていくらしい。ライブには出せないのか・・・くっ。ファンディスクではなく新作です、とのことだが、さて。

以下、愚痴。

■■■
きっと私ね、アイマスそんなに好きじゃないのかもしれないと思った。それはきっと私の心のためだと思うんだ。仕事に対しても興味がなくなった。GAも好きじゃなくなった。好きだと自信を持っていえる小説もなくなった。好きなゲームもなくなった。好きなアーティストもいない。スポーツにももう興味がない。釣りもやらなくなった。ROもやらなくなった。本も読まなくなった。人にも興味がなくなった。寝るのも好きじゃない、食べるのも好きじゃない、生きることが好きじゃない。でも死ぬだけの勇気もない。
だから、生きている理由を自分にこじつける。好きなゲームがあるんですって。アイマスなんか本当はゼノグラシアとかニコ厨とか見てだんだん馬鹿らしくなってきてるっていうのにw
やー、それでもアイマスを応援しつづけるのさ。何か別の言い訳を見つけるまでの言い訳として。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Go To the NEXTSTAGE!!」

「Go to the NEXTSTAGE!! THE IDOLM@STER GREAT PARTY @TOKYO+(プラス)」

アイドルマスターの公演です。
まずは物品販売に行ってきました。

すでに販売されてきたCDを2000円買うごとに、以下のいずれか1点をプレゼント。
 ・キャラクタークリアファイル(春香/やよい)
 ・キャラクタークリアファイル(千早/亜美真美)
 ・キャラクタークリアファイル(雪歩/律子)
 ・キャラクタークリアファイル(あずさ/伊織)
 ・キャラクタークリアファイル(美希/真)
 ・音無小鳥CDケース

だってさ。CD全部持ってるっつうの。そんなのに釣られるかクマー
20071104143803

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 3日 (土)

しゅごキャラ! 5話

「しゅごキャラ!」
あのローゼンメイデンを描いたPEACH-PIT原作のアニメです。

CCさくら同様オリジナルシナリオが面白ければこのアニメはいけると思っていた。(CCさくらの原作はカード10枚程度だが、アニメはトランプと同じ枚数だけカードがある)そして5話、ついにオリジナルシナリオでした。

■結果
めっさ面白かった。っていうか4話よりレベルあがってんじゃねーか。

■ところで
この漫画、主人公のキャラの立ち方と非常にアニメらしい変身の仕方がいいですね。
最近のアニメはキャラクターをぼやかしているものが多いのに、時代に反して主人公を中心に古きよきキャラの立て方をしています。だというのに主人公だけは最近の汚い言葉使いだったり、考え方も今風だったりギャップがすごい。さらにひっくり返って、変身したらセーラームーンのような・・・w
あー、CLAMPと似てるというと、エンブリオは間違いなく・・・ですよねー。エンブリオどうこうよりハンプティロックとダンプティキーの使い方がストーリーのポイントか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

エピローグ~シブヤdeアイマSHOW!I

先週に最終回を迎えた「ラジオdeアイマSHOW!」ですが、Webラジオサイトに行ったところ、エピローグという格好で続いていました。
題名は
エピローグ~シブヤdeアイマSHOW!I

10月28日「渋谷O-East」にて行われたイベント内公開録音『シブヤdeアイマSHOW!』の様子ということのようです。メインは滝田樹里さんと若い方の麻美さん…のように見せかけて、やっぱりいつもの3人でした。

さりげなく題名に1とあるので、しばらく続くようですね。

「GO TO THE NEXTSTAGE!!」イベント詳細うんぬんについてはまた後日。つうか、俺まだ行ってねぇよ! 11月4日だよ! 「L4U」で小鳥さんがプロデュースできるとか、自分の耳で聞かないと信じ切れねぇよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »