« 【考察】ひぐらしのなく頃に解 | トップページ | 「ハヤテのごとく」 第35話? »

2007年11月25日 (日)

「ツンデレカルタ」 が出るそうです。

「ツンデレカルタ」有限会社DEARS から発売されるそうです。

個人的にはこういう企画は好きなので、支援⇒ DEARS速報

内容は・・・
1.釘宮理恵がカルタを読み上げる。
2.カルタの内容がツンデレ
3.サイトで視聴もできますよ
4.そろそろ正月です(1年がはえぇぇ ;-;)

しかし、売り方が好かん。

-#-【サイトから抜粋】-#-#-#-#-#-#-#-#-#-
企画 : ゆめみP
表紙 : まっつ(まじ☆ぐら)
進行管理 : 大薮 昇
進行管理補佐 : しょうじ
読み札協力 : ニセP ZOZP kakaoP 加倫P 豊本・葉咲P 京都P 江頭P ぴぴるP 井川KP
ブックレット : ADWINS
販売元 : DEARS
-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-#-

・・・P名?
○○Pっていうのは、ニコニコ動画でアイドルマスターのMAD作ってる人たちが使ってる名前です。
なんつうかアイマスMADの派閥が分かるよねw
論点はそこじゃなくて・・・
私はアケからやってる人間ですが、最近のアイマスの売り方はうざい。L4Uも新作とかほざいてるけど、完全にMAD仕様だし。まぁ、アケは赤字だったし、文句を言うのはおかしいと思うが。というグチを言った上で本題。

この会社の商品はずっと企画が社長だったのに、初めて違う人が企画やってます。
MADっつうのはグレーの部分が多いから、そういうのを作っている人が・・・ではなく、そういうものを作ったときに使っている名前を商用に使っていいのかって問題で。
話題を作るという意味では、多少の効果もあるかもね。釘宮理恵の読み上げてる声をニコニコに上げて、宣伝効果もあるかも。アイマスMADに組み込むこともあるかも。
つってもそもそもがそんなに売れる商品でもないので、些細なもんだと思います。会社もなんかサイト見る限り同人サークルと言ってもいいような・・・。バンナムがなんか文句言ってくるってこともまずないでしょう。カルタ関係ないし。

■結論
アイマス好きだったので、なんか悲しい。
最近はまったくアイマスMAD見てないんですが、どんな状況なんでしょうか?2ch見てこようかな・・・。
カルタ?くぎ?
あー、どうでもいいっす。

■追記
なんか眠くて文章破綻してました^^;
あー、まー、いつも大体破綻してるんですが・・・
何が言いたかったかというとですね。
ニコマスのPたち、KYってことを思いました。
でも、こういったカルタが出ること自体は大歓迎。ただねー。昔、ミンゴスのブログのコメントで仕事依頼した人がいましたが、そんなのと同じように見えてしまいます。
ノリっていうのは制作活動で必要な要素だけどもさ。ノリもあんまりひどいとちょっと・・・と、ただムカムカしてしまうのです。

■さらに追記
今回の件ですが、アイマス好きな友人数名に聞いてみました。
全員からこんな回答をいただきました。
「ニセP?ありすえP?誰それ?」
( ゜Д゜)<・・・。
ニコニコ動画を見ると、アイマス動画は結構な数が上がってますし、知名度もそれなりのはず。何よりアイマス好きに聞いてるんだから、知ってるだろうという予想の遥か上を行く回答でした。
見る専門の人っつうか寧ろ、サイレントマジョリティにとって「P名ってなに?」レベルなのではと思ってしまいます。もちろん統計的にはぜんっぜん足りませんが、そんな印象でした。ブログでもそんな方もいらっしゃいますね・・・ブログって媒体自体、物言う少数派なんですが。
帝国のニコマスPたちって何がしたかったんだろうとちょっと考えてしまいます。
ネームバリューがあるわけでもなく、アイマスに直接関係しているわけでもないのに、なんでP付けたんだろうかと。しょうじさんという方がいらっしゃいますが、この方ニコニコではしょうじPと名乗ってるんですよね。
仕事終わりで掲示板やネット回りせずに勝手にしゃべります。(たぶん平行線になってるだろうと思うし。)あと、なんかもう別にP名出したのが、いいとか悪いとかじゃなくて、自分がくっだらないことでイライラしてるのが嫌なので、プラス思考でいろいろ考えました。どれが信憑性高いとか低いとかじゃないけど、昔はアイマスMAD楽しませてもらった者として、今回の件がなかったとしても、ニコマスの展開をちょっとだけ考えさせてもらいました。
寝ぼけたマイナス思考だけじゃなく、プラス思考で。
仮説1:

今後ニコニコ動画および同人即売会とは違う場所で、アイマス関連で何らかの展開を起す予定。今回はその布石。アイマスは今やゲームとはすっかり別の展開を見せています。ただ提供されるだけの作品ではなく、ユーザも一体となって盛り上げ、進めて行く作品だったということを考えれば十分ありえるのではないかと思います。新しいゲーム・商品のあり方、新しいマーケティングとしては今後の展開は見逃せません。
仮説2:
アイマスMAD作成のための布石。新しい展開のためではなく、ニコニコ動画への逆アプローチ。
仮説3:
いい大人が学生のノリだった。私がムカムカしていた原因だったわけですが。よくよく考えれば若造の私でもムカつくんだから、ちゃんとした社会人が何の考えもなしに動くもんかね、と。
仮説4:
先週末に掲示板見ていて面白いなと思ったのが、引退説。引退するのにはそこそこ面白いタイミングですからね。騒動で引退を決めたというよりも、引退することにしていた人がとりあえず名前乗っけてみたっていうのも、あるんじゃないかと。

■さらにさらに追加
ネットをコロコロ転がってきました。
ありすえP、引退されるんですね。ありすえPさんのMADには楽しませてもらった記憶が多いです。もうキングゲイナーとほんわかイラストしか覚えてないけど。けどタイミング悪すぎじゃないです? ^^;

|

« 【考察】ひぐらしのなく頃に解 | トップページ | 「ハヤテのごとく」 第35話? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39583/9100645

この記事へのトラックバック一覧です: 「ツンデレカルタ」 が出るそうです。:

« 【考察】ひぐらしのなく頃に解 | トップページ | 「ハヤテのごとく」 第35話? »