« Fate/stay night 考察 | トップページ | 赤ちり亭 行ってきました。 »

2009年8月26日 (水)

プラナス・ガール 第1巻 購入

漫画、「プラナス・ガール」第1巻(著者:松本トモキ)を購入しました。

前に読み切りを読んで、面白かったので、
連載とかしないかなーとか思っていたら。。。

本屋に行ったら単行本が出ていました!!?
四コマ漫画雑誌ばかり買っていたので、
この辺の情報が薄かった><

でも、無事購入しましたよ。
内容もすごく面白かったです。
しかも読み切りの分は単行本には含まれていなくて
すっごくお得な気分になりました。

―――――――――――――――――――――――

最近、「男の娘」が、アイマスDSでもいたり、
属性としてすっかり確立しちゃった感がありますね。

自分のファーストコンタクトは
バーコードファイターのさくらだった気がします。
小学生だったので、すごいインパクトが(笑)

その後は、「少女少年」を読んでいました。
準、おとボクと来て・・・
今じゃすっかりこんなところまで来てしまった・・・

この「男の娘」ってやつなんですけど、
まー、人によっていろいろでしょうけど、
私としては、萌え属性の一つという認識です。

猫耳、ロボット、宇宙人、未来人、超能力者 etc.
と同じ位置に「男の娘」がいます。
つまり、実在しない、2次元だけの存在。

女装している人はリアルにもたくさんいますけどね。
「男の娘」とはちょっと違うかなー?

「男の娘」のキャラクターの特徴は、
次の3つが大きい?

1.女性らしくあろうと努力している
2.自身の行動に制限をかける
3.恋人がやるような言動が許される

例えば、おとボクでは、
エルダー(人気投票で決まる生徒会長みないな役職)
候補になるんだけど、
人気投票自体からかなり嫌がったりしている。
バーコードファイターのさくらは、
恋人がやるような言動をしていることもあるのに、
主人公のことが好きだけど、好きだと言わないし、
言える資格がないみないなことを思っている。

どんな設定作っても、
このような行動に制限をかけるほどの設定って
難しいんですよ。
どんな設定の女キャラ作っても、
心の中では嬉しいんじゃないのとなってしまう。
褒められれば嬉しいし、調子にのることもある。
人間だもの(みつを)

「3.恋人がやるような言動が許される」っていうのも、
彼女でもないのにモテてる男(主人公とか)に
アプローチすればなんらかの波風が立つでしょう。
それが、客観的にも主人公たちの主観的にも
OKになってしまう。

そんな、いわば、「2次元に求める女性らしさ」
みたいなものを、分かりやすく表現できる最強の設定
だと思います。

「設定」という言葉を強調していますが、
猫耳などの「設定」と同じことなんです。
物語として面白くなる「設定」であって、
「男の娘」キャラに対する私の認識は
変な属性の付いた女性です。

「女装少年アンソロジー」というのがありましたが、
その中で言うと、
「プラナス・ガール1.5」「女装少年注意報!?」
がこのタイプかなーと思っています。

「男の娘」属性のもう一つ、補足。。。(蛇足?)
単純なショタ属性の一種という側面があるようです。
私にショタの気がないので、よく分かりませんが、
「女装少年アンソロジー」のうち、
先ほど挙げた作品以外は
基本的にショタ狙いだったような?
あんまりショタ系の作品読む気が起こらないので、
パラパラっとしか見てませんが、
女装した少年を何かにつけて脱がそうとするような
内容だとショタ系?たぶん?

|

« Fate/stay night 考察 | トップページ | 赤ちり亭 行ってきました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/39583/31107325

この記事へのトラックバック一覧です: プラナス・ガール 第1巻 購入:

» 加護亜依ノーブラ [加護亜依 ノーブラ]
加護亜依 写真集「金曜日」発売 ノーブラ [続きを読む]

受信: 2009年8月26日 (水) 16時45分

« Fate/stay night 考察 | トップページ | 赤ちり亭 行ってきました。 »